免許取得はなぜ高い費用がかかるのか

運転免許を取りたいけれども、取得費用が高くてどうしようか迷っている方は多いことでしょう。

なぜなら自分自身、運転免許を取得するときにも同じように疑問に思っていたからです。

合宿免許でも二週間ほどの期間で20万円以上は必要になります。

夏休みや春休みといった繁忙期なら更に高額になってしまうことが多いのも現実です。

けれども、就職活動に向けて必要なため早めに取得しなければいけなかったので繁忙期に短期で自動車学校に通い2週間ほどで免許を取得しました。

結果的に教習に満足だったので良かったですし、高い費用が掛かってくる理由もなんとなくわかりました。

自動車学校に通うまではなかなか高い理由が分からないため、それだけの料金を払うのに躊躇してしまいますが、料金が高い理由が分かれば納得するのではないでしょう。

 

そこでなぜ免許取得費用が高いのか考えてみました。

 

なぜ運転免許の費用は高いのか?

学科の場合だと学校の授業のように教室で行われるので、一人の指導員で大勢の教習生に教えることができます。

しかし、技能(実際に教習車を運転)では基本的に一対一、マンツーマンで教習が行われます。

技能も学科も一時限あたり50分の教習です。

50分も一人の指導員が一人の生徒に教えるわけですが、そのような技能教習がトータルで30時限必要になってきます。

後半になり路上教習が始まると2・3人が一緒の教習車に乗ることもありますが、基本的には個別指導になるのでどうしても人件費が高額になってきます。

 

あともう一つは教習車の事情があるでしょう。

教習車が新しいということを売りにしている自動車学校はもちろんですが、教習に教習車は不可欠なので教習車の購入費や維持費が必要になってきます。

特に維持費については教習生の運転で車が傷みやすいといったことも影響してきます。

マニュアル車ではクラッチが特に消耗します。

自動車を実際に使用しての練習なのでそういった面でも費用が掛かってしまいます。

ちなみに教習では一日で運転できる時限数も2~3時限までと法律で決められています。

だから最短でも14日ほどの日数が必要になってしまうのです。

 

一発免許はおすすめできない

運転技術に自信があるならば、試験場で技能試験を受けて免許を取得するという方法があります。

どこかで車に乗って練習したことがある方が対象ですしなかなか合格しずらいという話を良く聞きます。

よほど自信があるならばチャレンジされても良いかもしれませんが、何度も一発試験を受けて合格できなくて、自動車学校に通うことになると費用もさらに必要ですし時間も無駄にしてしまいます。

それならばマンツーマンでしっかり教えてもらった方が上達も早いでしょう。

就職活動や将来のことを考えて必要になる方は、取得できる時間があるときに自動車学校で免許を取得されてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました