テザー疑惑は何が問題なのかを簡単に解説します。【USDT】

コインチェック騒動が世間を賑やかしていますが、仮想通貨市場にまた疑惑が出たようです。

テザー社が監査法人と関係打ち切りの噂でUSDT巡る疑惑高まる

疑惑についての詳細は、上の記事をご確認ください。

USDTとは?

USDTとは、テザー社が発行している仮想通貨です。

有名なビットコインとは性質が異なる仮想通貨です。

ビットコインは買いたい人が多ければ価格は上昇しますし、売りたい人が多ければ価格は下降します。

しかし、USDTの場合価値は1ドル=1USDTになるようになっています。

そのため価格変動が少ない仮想通貨で、いわゆる億り人を目指す場合の選択肢には入っていないでしょう。

 

そして発行したUSDT分の「ドル」をテザー社が保有していることが重要なポイントです。

これによって1ドル=1USDTが成り立っています。

例えてみましょう。

私たちが100USDTを買う場合、テザー社に100ドル(今だとだいたい10800円)を預けます。

するとテザー社から100USDTが私たちに発行されます。

ビットコイン取引のような売りたい人と買いたい人が一致した値段で交換するのとは大きな違いです。

保有している100USDTを売りたい場合は、テザー社に100USDTを返還します。

するとテザー社が前に預かっていた100ドル(10800円)を私たちに返還します。

 

100ドルで100USDTが買えるのはもちろん、100USDTで100ドル(現金)に交換できるのがUSDTの特徴です。

 

USDTでビットコインを大量に購入していたが、その資金は……?

【テザー疑惑】新規USDT発行直後にビットコイン価格上昇の傾向 匿名レポートが市場操作の可能性指摘

大量のUSDTを発行してビットコインを購入しているのではないかという情報があります。

大量に発行されたUSDTが、ドルと交換された価値あるUSDTなら何ら問題はありません

日本円でビットコインを購入しているのと一緒ですから。

しかし、もし発行されたUSDTがドルとは無関係なものならどうでしょう。

仮に20万ドルしか保有していないのに100万ドル分のUSDTを発行していたら、その差の80万ドルUSDTには一体どんな価値があるのでしょうか

それがUSDTだけの話なら影響を受けるのはUSDTだけです。

 

問題なのは、価値のない80万ドルUSDTでビットコインを購入していると思われる点です。

私たちは日本円という価値ある通貨でビットコインを購入しているのに、あるところが価値がないのにビットコインを購入していたら、ビットコインの価値も危ういものと考える人は多いはずです。

1btcを120万円で購入したのに、どこかではタダ同然で1btcを入手できていたら……。

それが今回の疑惑で一番の問題になってくるところです。

先ほどのレポートには、USDTが発行された直後にビットコインの価格が上昇したことが大半と書かれています。

疑惑といわれているだけあって、本当のことはまだ確実にわかりません。

目的もビットコインの価格を支えるためとかいわれていますが、はっきりわかっていないようです。

現段階での一番の疑惑が、ドルによって裏付けられた価値ある仮想通貨なのかどうなのかということです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました